一人での過払い金請求

 過払い金請求を行おうと思った時に、弁護士や司法所に頼めば、専門的な知識を持つ人に対応をしてもらえるので安心です。ただしその費用は決して安くはなく、初期費用だけでも用意するのが苦しいと感じてしまう人もいるでしょう。そこで、自分一人で過払い金請求をするというのもひとつの方法になります。知識と手間は掛かりますが、場合によっては半額以下の費用で行うことができますので、下調べの上で行ってみるのも良いかもしれません。

 過払い金請求の手順は、まず自分の取引の履歴を取得するところから始めます。この履歴を元に金利の計算を行い、自分の過払い金がどれだけあるのかを引き直しで算出をします。この過払い金を、貸金業者に請求し、ここから交渉などに入っていきます。一番ネックとされるのが、この交渉の部分です。貸金業者は、過払い金請求をされた時の対応に慣れていますのでなるべく安く済ませようとしてくるそうです。例えば「現在の借金をなくす代わりに過払い金請求を取り下げて欲しい」などの条件を付けて和解を求めてくることもあるそうです。一見得をするように聞こえるかもしれませんが、当然ながら貸金業者側が安くなるような交渉である場合がほとんどです。また、場合によっては「過払い金の存在を知っていて借りていたなら支払えない」などと突っぱねられる可能性もあります。この時に法律に沿って冷静に対応ができる人なら良いですが、言いくるめられてしまってはもったいないと言えるでしょう。弁護士や司法書士は、この交渉に慣れています。安く済ませようと思っても結局過払い金の減額などをされてしまう恐れがある場合には、初めは高くとも専門知識のある人に頼むのが安全と言えるかもしれません。