ショッピング枠とキャッシング枠

 クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。ショッピング枠はその名の通り、自分が買い物をした時の支払い分として引き落とされる分です。キャッシング枠は、自分がお金を借りた時の枠に該当します。ショッピング枠で使われるのはあくまで立替金としてのお金です。払い過ぎたお金として過払い金が発生するのは、借金である「キャッシング枠」のみとなっているそうです。

 過払い金が発生する仕組みとして、「利息制限法の対象であること」が挙げられます。これは上限利率よりも高い利率で支払いがあった場合、その払い過ぎた支払い分を返してもらうという仕組みになっています。この上限利率は20%と定められており、この利率よりも多く払っていた人は、過払い金が発生している可能性を疑ってみるべきだと言えるでしょう。ただし、少しややこしい部分がリボ払いについてです。リボ払いにもショッピングリボとキャッシングリボ、二つの枠が定められていました。現在では年率が20%を超えることはまずないそうですが、以前はショッピングリボでも年率が20%を超えていたこともあったそうです。確かに多く払い過ぎたと感じるかもしれませんが、「利息制限法の対象であること」を見ると、ショッピング枠の支払いはこの法律の適用外になっています。そのため、例えリボ払いで20%を超える金利を支払っていたとしても、ショッピング枠であった場合では過払い金として扱えず、法律的に返還を求めることができません。現在では「手数料の自主規制」が定められており、年率が20%を超えないよう呼び掛けられています。とは言え、20%を超えていた場合には他と比べて相当高い設定ですので、まず利用されることはないと言えるでしょう。