ブラックリストに載った場合

 過払い金請求をすることで、ブラックリスト入りをしてしまうというわけではありません。もし過払い金請求でブラックリストに載ってしまったという場合は、間違えて載ってしまったか、他に何か問題があった場合だけになります。問題というのは、例えば「戻ってきた過払い金を現在の借金と相殺したにも関わらず借金が残ってしまった場合」などです。もしもクレジットカードを使っている場合は、ショッピング枠でどれだけ支払いが残っているかの確認が必要と言えるでしょう。もしも支払いが残っているという場合には過払い金請求を行わず、ショッピング枠の返済を先に終えるようにしましょう。一人で過払い金請求の手続きをするのではなく、恐らく多くの場合には弁護士や司法書士に依頼をすると思います。そうであれば過払い金の請求を実際に行う前に、どれだけの借金が残っていて請求をすべきかどうかの判断をしてもらえると言えるでしょう。また、どうしても一人で過払い金請求を行わなければいけないという場合は、絶対に借金が残らないように慎重な計算をしなければならないでしょう。

 また、何らかの問題が発生してブラックリストに載ってしまったからといって、社会的な地位に何かしらの影響があるわけではありません。ブラックリストに載ることで、クレジットカードやローンの審査が通りにくくなってしまうことや、借入を新たにできなくなるというデメリットがあるそうです。また、5年から10年でリストの情報は削除されるそうです。もしも間違えてブラックリスト入りになってしまった場合は事故情報の取り消しを申請すれば問題ありませんので、リストに載ってしまったからと言っても焦らず対応をするべきでしょう。