安易に和解に応じない

 過払い金の返還のために、貸金業者と交渉をするタイミングが出てくることがあると思います。初めから弁護士や司法書士に頼んでいる場合は「和解はしない方向で」と頼んでおくことも可能ですが、もし自分の知識がなく分からないまま和解に応じてしまった場合や、相手の提案に乗ってしまった場合、まず自分が損をしてしまうと考えた方が良いでしょう。

 また、先に言質を取られてしまうと後から弁護士などに頼んだ場合にも「既に本人と和解の話し合いが済んでいます」と主張をされてしまうことがあるそうです。和解とは、一言で言うと「貸金業者が払う額を少なくしようとしている提案」と言えるでしょう。例えば、「過払い金を払わない代わりに現在の借金をチャラにする」「過払い金を払わない代わりに発生していた利息を安くする」といったものです。聞いただけでは、何となくお互いが得をする提案にも聞こえるのですが、多くの場合は過払い金の方が高いので貸金業者が値切って上手い言い換えをしているだけなのです。

 しかし、場合によっては過払い金回収のための弁護士費用が高いという場合や、これ以上過払い金請求のために労力を使うのが惜しいと感じた場合には、貸金業者からの和解提案に応じるのも良いかもしれません。ただし、一般的には和解に応じた方が、金額的には損をすると思っていた方が良いでしょう。また、安易に和解をしたことで、後から「やっぱり過払い金の請求をしたい」と思ってしまった場合にも普通は取り消しができません。まず和解に応じた場合にどれだけ損をするのかを冷静に考えて、交渉をしましょう。自信がない場合は、初めから弁護士や司法書士に依頼をしておけば断りやすくなります。