悪徳な相手の場合

 過払い金請求を行っている時、当然ながら悪徳と呼ばれる相手に狙われてしまうこともあります。過払い金請求という慣れないことをしていると、正常な判断ができずに話に乗ってしまうというケースもあるようです。では、どのような悪徳な相手に注意すれば良いのでしょうか。

 ひとつは、貸金業者です。業者自体が違法な運営をしていたという場合ももちろんですが、過払い金請求中には、和解という方法を取ることができます。例えば、過払いを返還しない代わりに今ある借金を帳消しにする、と言ったように賃金業者が提案してきます。過払い金請求を行っていると早く終わりにしたいと感じていることもあるでしょうし、出された条件の方が得をするように感じてしまう場合もあります。しかし、賃金業者が出してくる条件は、業者が得をするようにしかできていません。和解の段階で、強引に話しを進めてくることや、何かしら理由を付けてくることもあるそうです。和解をすることで大きく損をする場合には、詐欺を疑ってみた方が良いかもしれません。

 また、プロに頼もうと弁護士や司法書士に頼む場合も注意が必要と言われています。初めから高額な着手金を請求してくるようなところは、注意が必要と言えます。また、酷いところでは実際に返還をしてもらえた過払い金を抜かれてしまう、ということもあるそうです。自分がいくらの過払い金があっていくら返還されたのか、しっかり数字として残してくれるところが安全と言えるでしょう。他にも、有名な団体名などを名乗って連絡をしてくることもあるそうです。依頼がないのに連絡がくるということはまずあり得ません。詐欺の可能性が非常に高いので応じない方が無難でしょう。