過払い金の利息

 過払い金は、自分で返済していた分の支払い過ぎていた部分です。過払い金にも当然利息はつきますし、その分を一緒に返してもらうことも可能になっています。この利息についても、取引履歴を入手した後に引き直し計算をすれば算出することができます。これはインターネット上にあるシステムなどを使って自分で計算することも可能です。ただし、継続しての取引があったかどうかなど条件によって利息が付く分が変わってきます。

 この取引の期間については業者も安く済ませようとするので揉める部分であります。貸金業者は、この利息を返し渋ることが多いそうです。業者ですので利息について知らないということはまずないでしょうが、貸金業者側が「利息があることを知らなかった」と強く言ってきた場合には悪意の受益者(利息があることを知っていて隠していた)ということを立証するのは難しくなってしまい、話し合いがこじれてしまう部分であるとも言われているそうです。貸金業者がこの利息を知らないということはまずあり得ないことですが、上手くやり取りをしないと難しい部分になってしまうそうです。

 利息を取り返すためにはまず個人での交渉は難しく、弁護士や司法書士に任せた場合でも裁判まで持って行かなくては回収が難しいとされているようです。裁判となると初期の費用も掛かりますし、長期戦になれば疲れてしまう場合もあるでしょう。ですが、元を正せば利息も過払い金と同じく自分が多く払い過ぎてしまった分のお金です。特に過払い金の額が大きい場合には、利息も同じく大きくなっていますので、出来る限り取り戻したいところです。無理をしない範囲で、なるべくなら粘ってみるのも良いかもしれません。