Uncategorized

過払い金請求後のキャッシング

過払い金の請求に成功して、無事耳を揃えて、全てのお金が戻ってきたとしてもその過払い金を請求したカード会社のクレジットカードによるキャッシングが、その後も利用できるのかということを、不安視する声は非常に多く聞かれ、インターネットや金融雑誌などでも取り上げられることがあったようにも思います。これは、各会社によって大きく対応が異なることかもしれませんが、基本的には、過払い金の請求をしたとしても、クレジットカードを引き続き使うことはできるでしょう。ただし、いわゆる信用機関に対してこの人は過払い金の請求をしました、という風に記録が残ってしまうわけです。このようなことを窓口で言ってくる担当者などもいるようですが、クレジットカードを利用する側にとってみれば、やや圧力をかけているように感じてしまっても仕方ないのではないでしょうか。具体的なことはあまりわかりませんが、過払い金の請求をしたからと言って、それが信用機関にとってマイナスに働くということは、聞いたことがありませんが、あまり印象は良くないように聞こえてしまいますね。信用機関にきちんと記録が残ってしまうということは、もし避けたいとするならば、そのクレジットカードの会社で借りている債務を全て払い終えた後に、過払い金の請求をすると債務がゼロの状態で過払い金の請求をしたことになるわけですから、記録には残らないということになるわけです。このようにしてしまえば、和解書などを交換した後、数週間後に全てのお金がきちんと戻ってくるということになるでしょう。 電話の窓口ではいくら強気に出ているクレジットカードキャッシングサービスの担当者であっても、法律に基づいて毅然とした対応を債務者側が取れば、観念してくれるはずですし、本来ならば、利用者の手元にあるべきお金が会社にあり続けるということはよくないものであるということは双方が理解しておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です