Uncategorized

サラ金の性格

 サラ金は過払い金返還請求を突き付けられると、良い顔をすることは稀です。元々悪徳なのですから、直接脅迫するようなことはなくても、嫌がらせに近い言動を取る可能性は十分考えられます。しかし如何なる嫌がらせであっても、利用者が精神的苦痛を感じる場合には、刑事告訴の対象となったり、行政指導の対象となったりします。例えば酷い取り立てを行った場合、財務局や都道府県知事の命において、業務停止、貸金業登録取消等に処されることがあります。ですから、利用者として怖気づく必要はありませんし、最近のサラ金はそうした知識も持っていますから、下手な行動を取ることも無いでしょう。サラ金にとって、営業停止は大きな痛手です。借り手の悪いイメージが付き、新規の客が逃げてしまうからです。

 では嫌がらせの代わりとして、ブラックリストに載せられることはあるのでしょうか。結論から言えば、それは分かりません。しかし仮に載せられたとしても、生活者として困ることなど何もありません。通常、ブラックリストと言えば、信用情報機関におけるそれを指します。返済が遅れ続けている債務者や、自己破産者の情報をまとめたデータベースのことで、それが生活に悪影響を与えるものでもありません。公的機関に登録されること等もありません。

 そもそも信用機関がサラ金の文句に載せられてデータベースに登録することなど考えらえません。何故なら、過払い金返還請求自体は、正当な権利だからです。利用者の落ち度は何もないわけですから、ブラックリストの目的、性質と合ったものではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です