Uncategorized

特定調停とは

特定調停と呼ばれるものは、法律に基づいて業者に対して開示を求めることができるため、自分自身と金融業者の間で、どのような取引があったのか、という取引の履歴なども法律に基づいて、開示を求めることができるということは、かなり大きなメリットであるという風に言えるかもしれません。別に、弁護士に依頼した場合や、自分自身の単独の力で取引履歴を開示しようとすることもできるわけですが、そのような場合においては、多くの金融業者が取引履歴を開示してくれるところまではいくわけですが、借金の額が大きく減ってしまうなどというようなことが、金融業者が分かった場合には、開示をぎりぎりまで粘られたりするケースもあるという風に聞いたこともありますし、お互いに、ビジネスとしてのやり取りをしているわけですから、金融業者にとっては、少しでも多くのお金を債務者からもらうということが基本にあるということを考えれば、お互いの利害は全く一致してないわけですから、特に、注意が必要だということは言えるかもしれません。結局のところ、このようにして、自分自身との間の取引履歴を開示してもらうことで、利息の制限を定めた利息制限法に基づいて、一体、どれくらいの利息がオーバーしているのかということを、はっきりと明確に示してもらうことによって、過払い金の計算をすることができるわけです。過払い金が多ければ多いほど、借金そのものの額と相殺するため自分自身が返済する額は大きく減ることになるわけですから、この点については、なるべくお金を惜しまずに特定調停などに持ち込むなどして有利な制度を利用していくことが重要だという風に言えるかもしれません。特定調停を行うということは、第三者が噛み合うことになるため、精神的な負担も大きく減るということもメリットだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です